ICロゴ.jpg社会福祉法人ウィズ町田

法人本部お問い合わせ (なないろ内)TEL 042-794-3252

わたしたちは、ディーセント・ライフの実現をめざします。

なぜ、ウィズ町田はディーセント・ライフの実現をめざすのか?

障害のある人たちの働く場が、きわめて少なかった20年前、
わたしたちは、共同作業所をたちあげました。
「どんなに重い障害があっても、仕事がしたい」という願いに応えるために、
新たな仕事をおこし、仲間と事業の輪を、地域にひろげてきました。
そしていま、わたしたちは、新たな時代を迎えています。

国連の「障害者権利条約」は、新たな世界の基準を定めました。
障害は、本人だけでなく、社会や環境にも原因がある。
障害のある人は、障害のない人との平等・対等が保障されなければならない。
障害のない人と社会は、障害のある人を支える義務を負っている。

またILO(※)は、世界的な雇用不安のもとで、「ディーセント・ワーク」を提唱しました。
障害のある人にも、人として尊厳のある労働を保障しなければならない。
障害のない人と同等に、生活できる所得を保障しなければならない。

ウィズ町田は、「権利条約」と「ディーセント・ワーク」の2つの世界の流れを受けて、
「人としての尊厳のある仕事と生活の保障」を
「ディーセント・ライフ」と呼称し、その実現をめざします。
そのためにウィズ町田は、施設の中だけの「狭い福祉の世界」に閉じこもるのではなく、
社会や地域で生きることを支える、「アクティブな福祉」をめざします。
障害のある人を、もっと社会や地域の中に送りだします!
そして社会と地域に、もっと障害への理解と支援をひろげるアクションにとりくみます!
※ ILO=国際労働機関

ウィズ町田の職員像とミッション(使命)

ウィズ町田は、障害のある人が、人間らしい尊厳のある仕事と生活を実現し、
ふつうの仕事場で、ふつうの町で、ふつうに働き、ふつうに暮らしている、そんな社会の実現をめざします。
ハンディキャップのある人も、ない人も「平等に生きること」ができ、
誰もが「誇らしさ」と「ゆたかさ」を実感できる、そんなディーセント・ライフの完全実現が、
私たちの使命であり、生きがいです。
障害のある人を力強く支えるとともに、
障害に対する正しい理解と支援を社会と地域にひろげるために、
私たちは誰よりも力強く行動します。
私たちは、障害のある人を社会と地域に送り出すとともに、
社会と地域の理解と支援をひろげる、ディーセント・ライフ実現のプロフェショナルを使命とします。

1.使命の基本

2.基礎的理解

3.専門的知識にもとづく支援

4.積極的な支援

5.公的責任の追求

6.利益の追求

7.ヒューマニズムと人間味あふれる優しさ

8.わたしたちのプライド